疲れ

目の疲れを回復する2つのツボ(眼精疲労)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
顔のツボ

こんにちは!

スマートフォンやパソコン、ゲームのやりすぎで目や首肩背中に疲れが溜まってしまう方は多いのではないのでしょうか?

現代では、スマートフォンやパソコンを使う機会が多いですよね。

もともと使っていないものを使うようになると、やはり疲れてしまします。

大げさに言うと、もともと日本人は田畑を耕したり魚を獲ったりして過ごしてきたので体も座ってパソコンをしたりするようには進化していないので余計に疲れを感じますよね。

そこで今回は肩こりや首の疲れ背中の痛みの原因になりうる【目の疲れ】に効くツボを2つ紹介したいと思います。

 

目の疲れのツボさんちく

目の疲れに効くツボ【さんちく】

 

一つ目は【さんちく】です。眉の内側にあるくぼみがさんちくというツボになります。

こちらのツボを両手の親指の腹で左右同時に垂直に押します。

強さは丁度気持ちよく効いているなと感じる強さで押します。

3秒ほど5回ぐらい押して、目のスッキリ感を感じてみましょう!

スッキリ感が足りない場合はもう1セット試してください。

 

肩こり目の疲れのツボ天柱

肩こりや目の疲れに効くツボ【天柱】。

もうひとつのツボは【天柱(てんちゅう)】という、首の後ろの髪の毛の生え際で凹んでいる場所になります。

こちらのツボは目の疲れだけでなく、肩こり頭痛にも効く多目的なツボになります。

押し方は親指の腹を天柱に当てて頭を掴むようにセットします。

あごを上げながら押します。2秒押したらあごを下げ力を抜きます。

これを5回ほど繰り返し行います。

 

目が疲れたなぁ~と感じたら是非試してください。

 

以上、富士市整体院【快復堂IGOCOCHI】がお伝えしました。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加